2015年10月14日

住宅ローンの返済

投稿者: お銚子

住宅ローンの返済方法は大きく2つに分けられます。元利均等返済と元金均等返済です。

【元利均等返済】
住宅ローンの基本的なものです。毎回の返済額が一定のため返済がしやすくなっています。

返済当初は利息の部分の支払いが多く、返済が進んで返済期間が経過すると元金部分の支払いが多くなります。

同じ金額同じ返済期間の返済であれば元金均等返済より支払総額が多くなります。

 

【元金均等返済】
民間の住宅ローンではあまり一般的ではありませんが、フラット35や財形融資では利用が可能です。

 

元金を返済期間で割って均等にし、ローン残高応じた利息を加える返済方式で、当初の返済額は多くなりますが、返済期間の経過とともに利息を足した返済額は徐々に減額されます。

 
当初返済額が多くなるためその分負担になりますが、元利均等返済と比べると元金部分が早く減り、その分利息が軽減するため総返済額が少なくなります。

 

*フラット35:
フラット35は最長35年間の固定金利が組める民間の住宅ローンです。

 

民間の金融機関と住宅金融支援機構が連携して行う長期固定金利型住宅ローンです。

 

民間金融機関の住宅ローン債権を住宅金融支援機構が買い取り、資産担保証券(MBS)を発行して投資家に販売して資金を調達します。

 

民間金融機関は、貸し倒れの危険や金利上昇リスクを負うことがありません。

 

投資家は証券の元利金支払いを住宅金融支援機構が保証しているため投資しやすいというメリットがあります。